一度はじめるとクセになる夜のバイト

友達の紹介で昼キャバに入店してみた

私は関内のキャバクラ嬢、と言ってもお昼に営業のお店でバイトしてます。以前は関内キャバクラバイトで求人を探したお店で働いていたのですが今回は自分で求人探してというわけでなく、友達の紹介です。なんかいいバイトあったら教えて、なんて言っていたら友達がいるお店を紹介されたわけです。紹介で入店したおかげで時給少し増やしてくれましたから、かえって得がありました。お昼からキャバクラ来たい人なんて少ないと思ってたんですけど、そんなこともありませんでした。リピーターばかりかと思いきや、新規のお客さんもちらほらと見掛けます。おかげで意外とバックとかも入るんで、予想してたよりも稼げてる感じはあります。もっとも夜9時まで営業してるんで、仕事帰りにふらっと寄るにはちょうど都合がいいところもあるみたいです。そんなことを前にお客さんが言ってました。最初友達に紹介された時には、勤めてるお店以外でいいバイト紹介して、ってニュアンスでお願いしたんですけど、意外といい稼ぎ先紹介してもらえたんでよかった気もしてます。

女性画像

男っぽいタイプだった私がキャバ嬢になって

男の人は男らしい、女の人は女らしい人が異性からはモテると思います。私はどちらかというと女なのに男らしいさばさばしたタイプで男友達はたくさんいるけど、女の子としてはあまり見られていません。普段からお化粧もあまりしないし、趣味が釣りだったりするので、女の子として見られないのも仕方ないですよね。でも、そんなボーイッシュだった私が男の人のお酒を飲む相手をするキャバクラで働くことになるとは思いませんでした。きっかけはバイトの求人情報を男友達と見ていた時でキャバ嬢で私みたいなタイプがいあたら面白いと言われたことからでした。お酒を飲むのは好きだし一緒に騒ぐのも嫌いじゃなかったので試しにと思ってキャバクラで働いてみたらこれまでのキャバ嬢にはいないタイプだったので思った以上に受けがよく指名をいっぱいもらえるようになりました。特に会社の重役クラスのおじ様には気に入られたみたいで接待のお客さんがよく指名してくれます。まさかキャバ嬢が向いていたとは自分でもびっくりです。

楽しく働けます

楽な求人の仕事を選んでいくようであればキャバクラは合わないでしょう。というのが色々と働く上で大変なことが多いからです。私たちが接客をするのは間違いなく人間ですし、しかもほとんどはお金を待っている人たちですのである意味ごまかしがきかないんですよね。私としてはアルバイトでも働くのであれば全力で働きたいと思っていましたので今の仕事をして見たんですが、最終的にはかなり楽しい時間を過ごすことが出来ています。一つ一つの対応を待ち構えないようにと思いながら私は時間を過ごしていますが、このお店の女の子たちは協力をしていこうという姿勢を持っている女の子たちなので凄く働きやすい職場です。いろんな失敗をお互いしますが、普通にその都度支え合っているのがよく分かりますので、私としては本当にこの仕事をしていて良かったと思っています。どんどんいろんな対応をしなければいけないので、私としては求人の通りで納得が出来るように楽しくキャバクラでアルバイトをしていければ良いと思います。

メイクの技術も上がってきました~!

キャバクラでバイトを始めるようになってからメイクの技術が上がりましたので、プライベートでもモテモテの女の子になれました。キャバクラでバイトを始めたのはたまたま求人サイトで見つけたお店が働きやすそうだったからです。お客さんも一生懸命仕事をした後に駆けつけてくれますので、リフレッシュしてもらえるようにいろいろと工夫しています。笑顔が素敵に見えるようなメイクとかも工夫するようにして勉強しました。それがプライベートでも役立っているのは本当に嬉しいことです。女の子同士で意見交換をしながらどうやったら美人に見えるかということも話し合うことが多いです。みんなで一緒にたくさんのお金を稼ぐことができたら最高だねと話すことが多いです。ライバル心を抱くというよりは、みんなで助け合いながら頑張っていくというタイプのお店なので、ここの求人に応募出来て本当に良かったです。他の店でもきっとやっていけるのかなとは思いますがしばらくはここで頑張ります。